『走る詩人』 加澄ひろし

サブフォーを目指さない文化系ランナーの独り言

都立狭山・境緑道

『走る詩人』加澄ひろしです。

 

都立狭山・境緑道を走ってきました。

 

f:id:kasumipjt:20211103222451j:plain

 

都立狭山・境緑道は、東京都武蔵野市の関前五丁目交差点から多摩湖に向かって、まっすぐに伸びる遊歩道です。東大和まで全長10.5キロメートル、行けども行けどもまっすぐ続く、歩行者と自転車だけが通れる道です。

 

f:id:kasumipjt:20211103223140j:plain

 

東京都西東京市小金井市小平市東村山市の四市を貫くこの道は、途中、何か所も交差点や踏切を渡りますが、基本的には、歩行者が安全に歩くことのできる道です。

 

f:id:kasumipjt:20211103223736j:plain

 

もちろん、ランニングをするにも適しています。休日ともなれば、ランニングを楽しむ多くのランナーたちとすれ違います。

 

f:id:kasumipjt:20211103224620j:plain

 

あまりに直線なので、走る景色が単調かと思いきや、区間ごとの景色には結構な変化があります。沿道に見る公園や、線路、畑や森林など、楽しみながら走ることができるでしょう。

 

f:id:kasumipjt:20211103225158j:plain

 

多摩湖自転車歩行者道』という別名を持っています。

 

公式ホームページ 狭山・境緑道 | むさしのの都立公園

 

筆者へのメール:kasumi@tokyo.ffn.ne.jp

 

note.com